【悲報】転売屋涙目、PayPayのボーナス付与取消がユーザーの間で話題に!【確認した?】

どうも、クロです! またしてもPayPayが話題になっていますね。 PayPayを知らない人はこちらを↓ 過去記事:「100億円あげちゃうキャンペーン」で話題になった電子マネーアプリ PayPay(ペイペイ)を徹底解説! 今回なぜまたPayPayが話題になっているかと言うと、 今月10日頃に、2018年12月4日から行われた「100億円あげちゃうキャンペーン」の利用分がPayPayボーナスとして付与される予定でした。 しかし、今回一部のユーザーの中でこのPayPayボーナスが取り消されるという現象が確認されています。 先月の「100億円あげちゃうキャンペーン」でPayPayを利用した方はちゃんとPayPayボーナスが付与されているか確認してみてください! PayPayボーナスの付与が取り消されたユーザーは次のような行為を行なった可能性があるそうです。
  • 対象となるお支払いをキャンセルし、返金を受けた場合
  • 取引やキャンセルの状況により不正行為が行われたと当社が判断した場合
  • 付与される前に、対象のPayPayアカウントが停止または削除された場合
  • 当社の利用規約に違反する行為があった場合、またはそのおそれがあると当社が判断した場合
  • 複数のPayPayアカウントで付与を受けたことが確認された場合
もっと具体的に言えば、 家族間で同一名義のクレジットカードを使った場合や商品購入後に返品した場合なんかもボーナス取消の対象になっているようですね。 ツイッターなんかで検索してみると相当数の転売屋らしきユーザーが取り消されているようですね。 中には転売屋ではない一般ユーザーが何も知らずに家族でクレジットカードを使い回して付与取消になっているケースもあるみたいです。 全額還元が当たるまで購入と返品を繰り返す悪質なユーザーも居たようなので、ある意味仕方のない処置なのかもしれませんが、これはなかなか厳しいですね。 ただ、もともとPayPayの利用規約に書いてあることさえ守っていればPayPayボーナスの付与取消対象にはならなかったはずなので、ここをちゃんと守っていた転売屋は取消対象になっていないようですね。 PayPay側も最初が肝心だと思ったのかかなり厳しくしてきましたね。 一応、今回のPayPayボーナス付与取消についてのお問い合わせページはあるみたいなので、ダメ元で問い合わせてみても良いかもしれません。 今回の一連の騒動は今後のキャンペーンのための良い教訓になりましたね。 PayPayのみならず、他の電子マネーのキャンペーンでも油断せずに挑みましょう! それではまた!