携帯の乗り換え(MNP)で新しいスマホをお得に買ってみよう!MNPの基礎知識を徹底解説!

どうも!クロです!

みなさん携帯電話のMNPはしていますか?

MNPって何のこと?って思った人!

MNPとは、マイナンバーポータビリティの略です。

すごく簡単に言うと、今使っている電話番号はそのままで、他の携帯会社に契約を移すことです。

いわゆる普通の機種変更は、新しい機種は買うけど、今契約中の携帯会社はそのままですよね。

それではMNPをすることの一体何がお得なのか?

今回はMNPがどれだけお得なのかについて説明するしたいと思います。

 

毎月の利用料金について

さて、みなさんは自分が使っているケータイ・スマホがいくらで販売されていて、どんなプランに入っていて、毎月自分がいくら使っているかなんてことを正確に把握してますか?

意外に正確な数字を把握している人っていないんじゃないでしょうか?

そうなんですよ。しかしこれにはちゃんとした理由があります。

それは、各携帯会社が意図的に料金をわかりにくくしているからです。

携帯会社の料金体系、端末代金というものはとても複雑でわかりにくいです。

店舗のスタッフですら正確に把握しているかすら怪しいレベルです。

携帯会社の料金体系を理解するには多大な労力が必要になります。

なので、携帯を買いにショップに行っても、説明を聞いてもよくわからないから店員さんのいうとおりに契約してしまう人が大半だと思います。

店員さんは一応プロだし、向こうの提案やお勧めを聞いておこうという気になりますよね。

しかし、誤解を恐れずにはっきり言うと、店員さんの言うことを全て鵜呑みにして入りと損するかもしれませんよ?

それも10円、20円ではなく、何万円も損するかもしれません!

もちろん店員さんが悪意を持って騙しにきてるとは言いません。(まあ一部そういう店員さんも居ますが)

しかし、彼らも仕事で自分たちの顧客を他の会社にみすみす渡すようなことはしません。

必死に引き止めようとしてくるのは当然です。

また、一番の原因としては店員さん自体のそもそもの知識がないことによる場合がほとんどです。

だから本当の意味でお客さんが得をするような提案をすることできないのですよね。

ちょっと前置きが長くなりましたが、まずは今自分が何の機種を使っていて、毎月いくらの利用料金を払っているのかを把握しましょう。

利用料金は自分が契約している携帯会社のマイページで確認することができます。

もしくはショップに出向いて確認してもらっても良いですね。

実質0円と一括0円の違い

次に覚えていただきたいのが、実質0円と一括0円の違いです。

よくケータイショップや家電量販店のケータイコーナーで0円というポップを見かけたことがありませんか?

0円なんて怪しい・・・と思ったこともあるでしょう。

いえいえ、あれは本当に0円で携帯が買えてしまうんですよ。

ただし、実質0円なのか一括0円なのかでお得度も意味も全く変わってくるので、この違いを知らない人はここでキッチリと理解しておきましょう。

実質0円とは?

ほとんどの人がスマホを購入する際に2年間(24回)の分割で購入すると思います。

例えば売値が96000円のスマートフォンを買ったとします。

96000円を24回の分割にするわけですから、

毎月払う端末代金は96000÷24=4000円になりますよね。

そしてスマートフォンを購入するときには、ほとんどの場合、何かしらのキャンペーンや割引が付いてくるものなんですよね。

それぞれの端末毎に割引が設定されていたりします。

・ドコモでは月々サポート
・auでは毎月割
・ソフトバンクでは月々割

と呼ばれるものですね。

仮にこの割引が4000円付いていたとしたら、

4000円(端末代金)− 4000円(割引)= 0円 になります。

これで端末代金と割引額が相殺されて0円になりましたよね。

つまり2年間使えば端末代金は実質無料ですよね?という仕組みが実質0円です。

一括0円とは?

一括0円は実質0円と違い、端末代金そのものが0円ということです。

端末代金に付いては完全に無料ということです。

しかも端末代金は0円なのに、本体を購入する時に付いてくる割引はそのまま適用されるので、

0円(端末代金)− 4000円(割引)= -4000円 になります。

見ての通りマイナスになりますよね?

このマイナスになった分は月々の利用料金から割引することができるんですよ!

この仕組みを上手に利用すればスマホの維持費をかなり安く抑えることができます。

あまりピンとこないかもしれませんが、簡単にまとめると、

実質0円と一括0円なら一括0円の方がはるかにお得ということです。

そして、MNPをすれば一括0円で買える場合が多いということです。

だから他社に乗り換える方がお得な価格でスマホを買うことができるのです。

なぜ?MNPは安くなるのか?

なぜ他社からの乗り換えは安くなるのか?

ずっと同じ会社で長期で契約しているほうが優遇されるんじゃないの?

もっともな疑問です。

しかし、実際は全くの逆なのです。

それは日本全体の携帯電話の契約台数が関係しているのです。

現在、日本の人口はおよそ1億2000万人。

そして契約されている携帯電話の回線数はおよそ1億2000万回線。

気づきましたか?

そうなんですよ!

つまり普通にしていたら携帯会社は新規の契約がほぼ取れない状況なのです。

他の会社の客を奪わないとダメな状況になっているのです。

だから他社からMNPしてくれるお客さんを優遇するんですよね。

しかもただ安くなるだけではなく、現金や商品券によるキャッシュバックが付いてくることも!

長期で契約しているお客さんはそのままでも特に疑問を持たずに使い続けていると思われているんですよ。

こういった日本の携帯事情を考えたら、携帯会社がどれだけMNPに力をいれているのがわかりますよね。

どうやってMNPするの?

MNPをするには、MNP予約番号というものが必要になります。

それではこのMNP予約番号はどうやって発行するのかをご説明します。

ドコモの場合

・ドコモショップの店頭で発行する
・ドコモオンライン手続きで発行する
・電話で発行する(午前9時から午後8時まで)
※ドコモの携帯電話からの場合は(局番なし)151(無料)
※一般電話などからの場合は 0120-800-000

auの場合

・auショップの店頭で発行する
・電話で発行する(午前9時から午後8時まで)
※au・一般電話共通  0077-75470(通話無料)
※auケータイ(ガラケー)をお使いの方のみ、EZwebでも発行可能

ソフトバンクの場合

・ソフトバンクショップの店頭で発行する
・電話で発行する(午前9時から午後8時まで)
※ソフトバンクの携帯電話からの場合は(局番なし)*5533(無料)
※一般電話などからの場合は 0800-100-5533

ワイモバイルの場合

・ワイモバイルショップの店頭で発行する
・電話で発行する
・オンライン(MyY!mobile)で発行する。
※ワイモバイルの携帯電話からの場合は(局番なし)116(無料)
※一般電話などからの場合は 0120-921-156

以上の方法でMNPの予約番号を発行することができます。

24時間のオンライン手続きに対応しているのはドコモだけです。

店頭で発行するのは結構な待ち時間が発生しますし、店舗にとっては引き止めが凄いので、電話で予約番号を発行することをオススメします。

また、電話をするときは混雑する時間帯を避け、あらかじめメモなどの用意をしておくとスムーズでしょう。

また、発行したMNP予約番号には有効期限があります。

有効期限は14日間になります。

期限を過ぎた場合、特に何か費用がかかったりなどのペナルティはありませんが、再度MNP予約番号を発行しなければなりませんのでご注意ください。(結構めんどくさいですw)

どこでMNPするの?

基本的にどこの携帯ショップでもMNPはできます。

大事なのは、どこでMNPをすれば一番お得になるのか?ということでしょう。

お得なお店かどうやって探すのか?

一番メジャーな方法はツイッターで探すのが主流です。

ツイッターで「MNP」「一括0円」「機種名」などの言葉を組み合わせて検索するといっぱい見つかりますよ。

他の方法としては、実際に家電量販店や携帯ショップに足を運んで店員さんに教えてもらう、交渉するといった方法です。

ただ、この方法は自分がある程度詳しくないと難しいので、全くの初心者にはオススメできないです。

あまり携帯ショップや家電量販店がない地域に住んでいる人も難しいですよね。

最近ではそういう人たちのためにオンラインの携帯ショップが流行っています。

おとくケータイ.netなんかは有名ですよね。

実際のケータイショップや家電量販店よりもキャッシュバックがお得なときも結構ありますし、選択肢の一つにしても良いと思いますよ。

まとめ

ここまで読んで頂いた方には、MNPがどれだけお得かお分かりいただけたと思います。

MNPをするとほとんどの場合で毎月の携帯料金の維持費が安くなります。

毎月の携帯料金が高いと思っている人や、ちょっと負担になっている人はこの機会にMNPを考えてみても良いと思いますよ。

家族でMNPすれば節約効果はさらに高くなります。

確かに長年使い続けている携帯会社を乗り換えるというのは抵抗があるかもしれません。

しかし、乗り換えた場合と乗り換えなかった場合の今後払うであろう利用料金を計算してみてください。

きっと10万円、20万円以上、もしかしたら100万円以上の余分なお金を払うことになるかもしれませんよ。

ぜひ一度MNPを検討してみることをオススメします。

それではまた!