【準備して】MNP契約前にやっておくべきこと【速やかに】



iphone-658842_1280


前に記事にもしていたTポイントの貯め方を実践してみたところ、12月始めくらいから1500ポイント以上貯まりました。


だいたい一日100ポイント前後貯まる感じです。


最近はポイントがコツコツ貯まるのがうれしくなってきました。


コジロウです。


さて、今回は先ほどの記事でも少しだけ言及しましたが、MNP契約に望む前に準備すべきことをご紹介します。


なぜなら、MNPは準備が全てといっても過言ではありません。


MNPに興味の無い普通の人であれば、思い立った時や暇な時に契約すればいいです。


しかし熱い案件を掴みたいと思うなら、準備を疎かにしてはいけません。


契約時というのは、今までやってきた準備を発表する場なだけだからです。


発表の段階になって、あれが無い!、これをやっていなかった!となっても遅いですよね。


その日の内にリカバリーが出来ることであればいいですが、MNPでは当日には解決できないことも多いです。


また、準備をしっかりすることにより、契約の時間を減らすことが出来るので自分の時間の節約にもなりますよ。


(発表と言うと大げさかもしれませんが、いい表現の仕方が思いつかなかったので勘弁して下さいw)


なので準備は入念に行ないましょう。


熱い案件を発見したら


熱い案件を発見した場合、ショップに確認しましょう。


直接出向いてもいいですし、電話でもいいです。


熱い案件だ!と思っても、話を聞くと有料コンテンツが沢山ついていたり、還元の額が下取り端末込みの場合など、実は熱くないといったケースは多々あります。


額の大きさだけに惑わされず、しっかりと判断しましょう。


話を聞く際に、メモなんかも取るといいですね。


複数の案件があった際に、比較がしやすいです。


また、キャッシュバックがある案件の場合には、いつキャッシュバックを貰えるのか、キャッシュバックの条件なんかも聞いてみるといいでしょう。


コジロウは一度、現金のキャッシュバックは3ヵ月後で、更にその際に購入した端末を店頭に持ってくるという条件を契約時に知ったことがあります。


3ヵ月後という条件はいいとしても、端末を持っていくというのが困りましたので、その場で貰える商品券に変更しました。


上記をクリアし、狙うべき案件が決まったら、端末の取り置きをしてもらいます。


但し、激熱案件などは取り置きをしてもらえないケースもありますので注意して下さい。


MNP契約時に必要なもの


当たり前ですが、MNPは契約なので必要なものがあります。


①MNP予約番号&MNPする電話番号

契約のその場でMNP予約番号を発行するなど愚の骨頂です。

そもそも混雑していると、なかなか電話が繋がらないことがあります。

そういった事態を避ける為に、予約番号は事前に発行してメモしておきましょう。

電話番号も同じで、予約番号と紐付けてメモしておくといいですね。


②下取り端末

下取り端末がある場合には、事前に充電しておきましょう。

電源が入るか確認するショップもあります。

昔の端末だから充電器が無いという場合には、100均で充電器を買いましょうね。

また、下取り端末は予備も持っていけるとベストです。

ショップによっては端末の査定が非常に厳しいケースもあるので、予備があると万が一にも対応できます。


③クレジットカード&身分証明書

一度でもMNPした人ならわかると思いますが、必要です。

財布の中に入ってる人も多いかと思いますが、念のため確認しましょう。


④クーポン

クーポンを持っている人は忘れずに持って行きましょうね。

また、有効期限は大丈夫ですか?


特殊なケース

⑤3回線以上の契約時

ドコモは必要ありませんが、auの場合には、利用者登録者の身分証名書(保険証や住民票など)、ソフトバンクは利用者本人が契約に同席することが必要になります。

ちゃんと本人の同意を得て、借りたり、同席してもらうようにしましょう。


以上です。


これを守っておけば、契約時に困ることは無いと思います。


ちゃんと準備して少しでも自分と店員さんの負担を減らしましょう。


では、また。