docomo withにiPhone7(32GB)が追加!月額280円~から維持可能のお得節約テクニック!

ドコモオンラインショップ

どうも、クロです。

2019年2月27日のAM10:00~からdocomo withの対象端末にiPhone7(32GB)が追加されますね。

今までもiPhone6Sがラインナップにありましたが、今回iPhone7が追加されるということでdocomo withを検討する人が増えるのではないでしょうか?

実はdocomo withはうまく活用すれば毎月のスマホの利用料金をかなり安くできます。

今回はこのdocomo withがどれだけお得なのかをご紹介いたします。

 

docomo withとは?

docomo withの対象のスマートフォンを購入することで、毎月1500円(税込1620円)の割引が永久に受けられるサービスです。

docomo withのここがお得!

割引の期限はなし!ずっと割引!

ドコモの端末購入補助である月々サポートは2年間(24ヶ月間)しか受けることができません。

しかし、docomo withの割引は永久に受けることができます。(ドコモが潰れない限りは)

つまり、長期間利用すればするほどお得になるということです。

 

自分の好きな機種にSIM差し替えOK!

docomo withの対象端末を購入後、自分で使いたい端末を用意して使うのは自由です。

これはドコモの公式でも OK とされていることです。

つまり、docomo withの対象端末に使いたい機種がなかったとしても、自分で用意することさえできれば毎月1500円(税込1620円)の割引だけを受けることが可能なのです。

 

docomo withのデメリット

好きな機種が買えない。

docomo withは対象の端末を購入しなければ適用することができません。

つまり、自分の好きな機種を購入することができないということです。

docomo withの対象端末の中に自分の使いたい機種があれば構わないのですが、もしないのであればこれはちょっと困りますよね。

基本的にdocomo withの対象端末の中に最新の機種はありません。

主に発売されてから1年から2年程度たった機種がほとんどです。

docomo withの対象端末は、スマホの性能としてはまだまだ十分は使えるレベルの端末です。

しかし、最新の機能を求める人には少し物足りないかもしれません。

このため、docomo withの割引を受けた状態で最新の端末を使いたい場合は自分で用意する必要があります。

docomo withの対象端末を購入後、SIMカードを差し替えて使う分には全く問題はありません。

 

iPhone7 の価格・性能

ここで今回追加されたiPhone7についておさらいおきましょう。

ドコモのiPhone7の販売価格

iPhone7は2016年9月16日にAppleから発売された機種です。

販売当時の価格は32GBのモデルで72800円(税別)でした。

今回ドコモから販売される機種はこれと全く同じものです。

販売価格は機種変更・新規契約・乗り換え(MNP)の全オーダーで42768円です。

発売当時よりはお買い得になっていますね。

 

ドコモのiPhone7は4色から選べる!

ゴールド、シルバー、ブラック、ローズゴールドの4色のカラバリがあります。

残念ながら、当時大人気だったジェットブラックはありません。

人気カラーの赤色、(PRODUCT)REDもありません。

もしかしたら後々追加されるかもしれませんが・・・

元々ジェットブラックは32GBのモデルにはなく、128GB以上でしか存在していなかったので仕方ありません。

後に法人向けモデルとして32GBのジェットブラックも存在していたのですが、一般には流通しないかもですね。ざんねん!

 

iPhone7の特徴

iPhone7はdocomo withの対象端末の中では最も高性能なスマホではないでしょうか?

  • 電子マネーに対応。
  • イヤホンジャックが廃止されている。
  • iPhone史上初めての性能となる防水対応。

このように、最近までdocomo withの対象端末だったiPhone 6Sとも結構違いがありますね。

個人的には防水対応と電子マネーに対応しているのはかなりデカイ!

 

ドコモのおすすめプランはこれだ!(2019年版)

「docomo withのことはわかったけど、結局プランはどうしたらいいの?」

「どうやったら280円~の利用料金になるの?」

結論から言うと、毎月280円~で利用するのは条件に当てはまる限られた人しかできません。

その条件とは、

  1. 端末代金を一括で支払う
  2. シェアパックの子回線で契約する

以上の条件に当てはまる人です。

はい、それでは解説していきましょう!

まずdocomo withの対象プランは以下の通りです。

対象プラン カケホーダイプラン(スマホ/タブ)
カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)
シンプルプラン(スマホ)
カケホーダイプラン(スマホ/タブ):定期契約なし
定期契約なし・カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)
シンプルプラン(スマホ):定期契約なし

スマホの料金プランってたくさん種類があって迷いますよね。

ということで、いくつかのおすすめのプランも合わせて紹介したいと思います。

ぜひ契約の際の参考にしてみてください!

 

一人でドコモを利用する場合

一人暮らしの方や、家族と暮らしているけど自分だけドコモという人はこちらのプランが良いでしょう。

シンプルプラン 980円
SPモード 300円
ベーシックパック(1GBまで) 2900円
端末代金(iPhone7の場合) 1782円(24回分割)
docomo with -1500円
合計 4462円

こちらであれば毎月4462円(税別)で利用可能です。

2年以降は端末代金の支払いが終わるので、毎月2680円(税別)まで安くなります。

もし、最初にiPhone7の端末代金(42768円)を一括で支払ってしまうのであれば、最初から毎月2680円(税別)で利用可能です。

ドコモ回線でこの料金なら、格安シムを使うのとあまり変わらない費用ですよね。

もし、仕事などでよく通話するという人は、カケホーダイプランにしてもいいかもしれません。

その場合、シンプルプランに比べて毎月1720円高くなってしまいます。

毎月の利用料金は少し高くなってしまいますが、カケホーダイプランなら30秒ごとに20円の通話料がかかりません。

なので、1ヶ月間に約86分以上通話するのであればカケホーダイプランのほうがお得な計算になります。

まあ最近はLINE通話などのアプリで通話も済ましてしまう人も多いので、シンプルプランで十分だという人がほとんどだと思います。

また、ドコモはやはり大手キャリアなのでサポートがしっかりしているので安心感があります。

日本全国にショップがあるので、何かトラブルがあった際にすぐに対応してもらえるのは便利ですよね。

 

二人以上で利用する場合

ドコモは家族で一緒に利用したほうが断然安くなります。

主回線(代表回線) 子回線
シンプルプラン 980円 980円
SPモード 300円 300円
シェアパック5(5GB)ベーシックシェアパック(利用5GB以下) 6500円 500円
端末代金(iPhone7の場合) 1782円(24回分割) 1782円(24回分割)
docomo with -1500円 -1500円
合計 9562円 2062円
家族全員の合計 11624円(一人あたり5812円)

 

どうでしょうか?

子回線がシェアオプションで契約すれば、端末代金込みでも毎月2062円になります。

もし端末代金を一括で支払ってしまえば、毎月280円で利用可能に!

これは文句なしで安いですよね!

また、上記の表は家族2人の場合の表になっていますが、もし家族が3人の場合は一人あたりの料金はもっと安くなりますね。

3人家族の場合は、一人あたり4562円、4人家族の場合は、一人あたり3937円と家族にドコモの利用者が多いと安くなります。

もし端末代金を一括で払った場合は、2人家族で合計2830円、3人家族で1980円、4人家族で1555円という驚きの安さになります!

これがdocomo withの凄さなんですよね。

もし端末代金を一括で払うことが難しくても、分割で購入して2年経ったらこの料金になります。

そう考えれば、割と実現可能なプランであると言えるでしょう。

スマホ代が家計の負担になっているというご家庭にこそdocomo withを検討してもらいたいですね。

 

docomo withの対象端末の価格比較

docomo withの対象端末は基本的にミドルスペックの機種がほとんどです。

iPhone 7(32GB)

月額1,782円x24回 / 総額41,472円

AQUOS sense

月額1,269円x24回 / 総額30,456円

AQUOS sense2 SH-01L

月額1,323 x 24回 / 総額31,752円

Galaxy Feel2 SC-02L

月額1,755 x 24回 / 総額42,120円

LG style L-03K

月額1,674円x24回 / 総額40,176円

arrows Be F04-K

月額1,404円x24回 / 総額33,696円

MONO MO01-K

月額1,053円x24回 / 総額25,272円

らくらくスマートフォン me F-01L

月額1,809 x 24回 / 総額43,416円

らくらくスマートフォン me F-03K

月額1,620円x24回 / 総額38,880円

最新の機能は楽しめないかもしれませんが、価格はかなり抑えめです。

最新の機能には興味がないし、普通に使えれば十分!という人にとってはかなり魅力的といえるのではないでしょうか。

 

ドコモオンラインショップの利用でさらにお得に!

ドコモのオンラインショップは実はかなりお得なんです。

今回のdocomo withのように、ある程度購入する機種が絞れているならオンラインで購入するのに向いてますよ。

ドコモオンラインショップ

 

事務手数料が無料!

新規契約(MNP含む)の場合は3240円、機種変更の場合は2160円の手数料がドコモオンラインショップなら無料になります。

 

頭金もなし!

街にある携帯ショップや家電量販店では頭金を取っているところもあります。

実はこれ、本当なら払わなくてもいいお金なんです。

頭金がないお店もありますが、ほとんどのお店で頭金が設定されている場合が多いです。

頭金を無料にする代わりに有料のオプションやコンテンツへの加入を勧めてくるようなお店もあります。

ドコモオンラインショップなら面倒くさい頭金もないので、余分なサービスに加入する心配もないです。

 

送料も無料!自宅以外の受け取りもできるぞ!

自宅でも職場でも送料無料で届けてくれます。

また、近隣のドコモショップやコンビニ受け取りも可能です!

ショップだと待ち時間が面倒くさいですが、ドコモオンラインショップで購入すれば全部ネットだけで済ませることができ、時間の節約にもなります。

 

dポイントが利用可能!

ドコモオンラインショップではdポイントで支払いができます。

普段何気なく貯めてるけど、特に使い道のなかったdポイントを使ってみてはいかがでしょうか?

 

docomo withの注意点!

docomo withはとてもお得なサービスですが、ドコモが展開しているその他の割引サービスと併用できないものがあります。

docomo withと併用が不可能な割引サービス

  • 月々サポート
  • 端末購入サポート
  • シニアはじめてスマホ割
  • はじめてスマホ割
  • シニア特割
  • ドコモにチェンジ割
  • ドコモの学割

このように結構あります。

月々サポートや端末購入サポートが併用できないのは当然として、学割が併用できないのはお子様がいる家庭では少し残念ですよね。

ちなみに学割の適用条件を満たした状態でdocomo withの対象端末を購入すると、docomo withの割引が適用されます。

なので、学割の方を利用したい人はdocomo withの対象端末を購入するのはやめましょう。

学割かdocomo withか、どちらがお得なのかよく考えてみましょう。

 

家族まとめて割について

家族まとめて割は、同じシェアグループ内で2台以上対象機種を購入した場合に、それぞれ5184円(税込)が割引されるキャンペーンです。

docomo withの対象端末は購入台数としてカウントはされますが、割引の対象にはなりません。

つまり、docomo withの対象端末は5184円(税込)の割引を受けることができません。

この点は注意しておきましょう。

 

特価ブラックでもdocomo withは契約可能?

ドコモで契約と解約を一定回数繰り返したユーザーの一部で、特価ブラックと呼ばれるペナルティを喰らっている人がいると思います。

この特価ブラックにかかると、月々サポートや端末購入サポートなどの各種割引を受けることができません。

店舗独自の割引施策などを受けることはできますが、基本的にはほぼ定価で高い端末を購入することになります。

では特価ブラックの人がdocomo withを契約するとどうなるのでしょうか?

結論から言うと、特価ブラックの状態でもdocomo withは契約できて、毎月1500円の割引も受けることができます。

特価ブラックになって以来、まったくドコモと契約していなかったという人も、docomo withを検討してみてもいいのではないでしょうか?

 

docomo with まとめ

対象の端末を購入するだけでずっと毎月1500円(税込1620円)の割引が受けられる!

docomo withがお得なサービスだということがわかったでしょうか?

あまり頻繁に機種変更をしない、同じスマホを大事に長く使い続けるというタイプの人ほど得をするサービスだと思います。

また、特価ブラックの状態の人でも契約できるのは結構ありがたいですね。

今回のiPhone7が対象機種に追加されたのは良い機会かもしれません。

私も今ソフトバンクを使っていますが、毎月280円という安さはとても魅力的なので、本気でdocomo withのiPhone7を考えています。(ドコモオンラインショップでブラックを予約しました)

ドコモオンラインショップ

 

毎月のスマホの利用料金をもっと安くしたいと考えている人は、ぜひdocomo withを検討してみてはいかがでしょうか?

それではまた!